バスケットボール世界選手権


TOP → バスケットボール世界選手権

バスケットボール世界選手権(世界バスケ)

FIBAバスケットボール世界選手権は通称世界バスケとも呼ばれ4年に一度行なわれています。
オリンピックと並び権威のある世界大会です。

開催年・国

男子1950年第1回大会、女子1953年第1回大会
1986年大会からは男女同じ年に開催され、夏季オリンピック中間年に実施されています。

男子日本代表

男子日本代表が出場したのは、1963年・1967年・1998年・2006年の4回のみ。

2006年は開催国枠での出場であるため自力で出場したのは3回。

女子日本代表

1975年世界選手権では日本バスケットボール史上最高の選手と称される生井けい子選手が大活躍、大会MVPを受賞し日本代表も準優勝という成績を収めました。

世界選手権歴代順位

年・回 男・女 開催国・大会 優勝 準優勝 3位 4位 日本代表成績
2010第16回大会 男子 男子開催国トルコ アメリカ トルコ リトアニア セルビア 出場権なし
女子 女子開催国チェコ2010女子世界選手権 アメリカ チェコ スペイン ベラルーシ 16チーム中10位
2006第15回大会 男子 2006男子世界選手権さいたま市など(日本) スペイン ギリシャ アメリカ アルゼンチン 開催国枠で出場予選Bグループ1勝5敗で予選敗退20位
女子 ブラジル オーストラリア ロシア アメリカ ブラジル 出場権なし
2002 男子 インディアナポリス(アメリカ) ユーゴスラビア アルゼンチン ドイツ ニュージーランド 出場権なし
女子 中国 アメリカ ロシア オーストラリア 韓国 16チーム中13位
1998 男子 アテネ(ギリシャ)1998男子世界選手権 ユーゴスラビア ロシア アメリカ ギリシャ 16チーム中14位
女子 ドイツ アメリカ ロシア オーストラリア ブラジル 16チーム中9位
1994 男子 トロント(カナダ) アメリカ  ロシア  クロアチア  ギリシャ  出場権なし
女子 オーストラリア ブラジル  中国  アメリカ  オーストラリア  16チーム中12位
1990 男子 ブエノスアイレス(アルゼンチン) ユーゴスラビア ソビエト アメリカ プエルトリコ 出場権なし
女子 マレーシア アメリカ ユーゴスラビア キューバ チェコスロバキア 16チーム中12位
1986 男子 マドリッド(スペイン) アメリカ ソビエト ユーゴスラビア ブラジル 出場権なし
女子 ソ連 アメリカ ソビエト カナダ チェコスロバキア 出場権なし
1983 女子 ブラジル ソビエト アメリカ 中国 韓国 14チーム中12位
1982 男子 カリ(コロンビア) ソビエト アメリカ ユーゴスラビア スペイン 出場権なし
1979 女子 ソウル(韓国) アメリカ 韓国 カナダ オーストラリア 12チーム中6位
1978 男子 マニラ(フィリピン) ユーゴスラビア ソビエト ブラジル イタリア 出場権なし
1975 女子 1975世界選手権コロンビア大会 ソビエト 日本 チェコスロバキア イタリア 銀メダル
1974 男子 サンファン(プエルトリコ) ソビエト ユーゴスラビア アメリカ キューバ 出場権なし
1971 女子 ブラジル ソビエト チェコスロバキア ブラジル 韓国 13チーム中5位
1970 男子 リュブリアナ(ユーゴスラビア) ユーゴスラビア ブラジル ソビエト イタリア 出場権なし
1967 男子 モンテヴィデオ(ウルグアイ) ソビエト ユーゴスラビア ブラジル アメリカ 13チーム中11位
女子 チェコスロバキア ソビエト 韓国 チェコスロバキア 西ドイツ 11チーム中5位
1964 女子 ペルー ソビエト チェコスロバキア ブルガリア アメリカ 13チーム中9位
1963 男子 リオデジャネイロ(ブラジル) ブラジル ユーゴスラビア ソビエト アメリカ 13チーム中13位
1959 男子 サンディアゴ(チリ) ブラジル アメリカ チリ ブルガリア 出場権なし
女子 ソ連 ソビエト ブルガリア チェコスロバキア ユーゴスラビア 出場権なし
1957 女子 ブラジル アメリカ ソビエト チェコスロバキア ブラジル 出場権なし
1954 男子 リオデジャネイロ(ブラジル) アメリカ ブラジル フィリピン フランス 出場権なし
1953 女子 チリ アメリカ チリ フランス ブラジル 出場権なし
1950 男子 ブエノスアイレス(アルゼンチン) アルゼンチン アメリカ チリ ブラジル 出場権なし

Comments are closed.