bjリーグFA(フリーエージェント)制度


TOP →

FA(フリーエージェント)権

リーグ戦の80%以上の試合にベンチ登録されたシーズンが3シーズンに達した選手に発生する権利。
FA権を取得した選手は、いずれのチーム会社とも選手契約を締結することができる。
選手登録ゲーム数が同年度中にリーグ戦の80%に満たないシーズンがある場合は、それらのシーズンの出場選手登録ゲーム数をすべて合算し、80%に達したものを1シーズンとして計算。
選手が移籍(トレード)された場合、FA権取得条件については、移籍(トレード)元チーム会社及び、移籍(トレード)先チーム会社での実績を通算する。
FA宣言した選手は次回FA権の獲得には2シーズン、80%以上のゲームへのベンチ登録が必要。

FA宣言した選手には

基本報酬アップ/ダウン率の適用がなくなり、サラリーキャップ対象外の一時金(前年基本報酬の50%が上限)の支払いを許容される。

放出したチームに対して

獲得したチームは、補償金を支払う。補償金は旧契約チームでの在籍シーズン数により違い、旧契約の基本報酬、または、新契約の基本報酬に掛け目を乗じて、高いほうの金額を補償金とする。
翌シーズン以降に、契約締結した場合でも支払う。

その他

FA制度による1チームの獲得人数上限は2名(ただし、FA行使宣言のうえ、自チーム残留の場合は除く)とする。
外国籍選手は、2009-2010シーズンから仮保有権を発生させているため、FA権の取得に必要なシーズン数は、2009-2010シーズンから数えることとする。


Comments are closed.