花田有衣


TOP > 元女子バスケットボール選手 >花田有衣

花田有衣(はなだゆい)は、元女子バスケットボール選手。アマチュアバスケットボール選手。

中国女子バスケットボールリーグ(WCBA)の広東サンレイケーブと契約。日本人の中国リーグでのプレーは男女通じて初。

プロフィール
氏名  
コートネーム・ニックネーム  
生年月日 1983年6月20日
身長 175cm
血液型  
出身地  
経歴  

プロフィール

母親がバレーボールをやっていた関係で本来は姉と共にバレーボールをやりたかったのだが、小学生当時バレーボールクラブが無かった。
姉は仕方なくバスケットボールを始め、それを見学しているうちに自身もバスケットボールを始める。
経歴

熊本市立春竹小学校 – 熊本・一の宮町立一の宮中学校 – 長崎女子高校 – ジャパンエナジー/JOMO
年代別日本代表に選出され、2001女子ジュニア世界選手権出場
ビッグブルー東京前田優香選手と熊本一の宮中学時代同級生。
シャンソン永石春奈選手とは熊本一の宮中学校・長崎女子高校で中・高と同級生。
長崎女子高校の1学年後輩には重村典子選手(元トヨタ)がいた。
JOMO退社後

長崎県のクラブチーム「ストレッチ」に所属。長崎県成年女子代表として国体出場。

平成23年山口国体九州ブロック大会:主力として活躍するも、鶴屋百貨店主体の熊本県に敗れ本国体出場ならず。

平成22年・平成21年新潟国体・平成20年宮崎国体・平成19年・平成18年

鶴鳴学園長崎女子高校
高校女子バスケットボールの名門校である鶴鳴学園長崎女子高校に進学。
全国大会に出場する。
シャンソン永石春奈選手とは熊本一の宮中学校・長崎女子高校で中・高と同級生。
長崎女子高校の1学年後輩には重村典子選手(元トヨタ)がいた。
3年生の時の1年生には、林田明佳 長崎女子高校 – 拓殖大学 – シャンソン化粧品。
高校3年

2001ウィンターカップ第32回ウィンターカップ
1回戦常葉高校(静岡)と対戦し両チーム最多の23得点を挙げるもののチームは敗退。
常葉高校85-73長崎女子
このときの常葉高校の主力には、2年生櫻田佳恵(後の日本代表)・2年生山田未来(シャンソン-三菱-JAL)が居た。

2001インターハイ
1回戦長崎女子89-69実践学園(東京)
2回戦長崎女子69-81東京学館新潟
2回戦でまさかの敗退。

高校2年
2000ウィンターカップ31回大会2回戦からの出場
2回戦長崎女子93-47作新学院(栃木) 実力通り長崎女子が圧勝
3回戦長崎女子65-70丹原(愛 媛) 3回戦で惜しくも敗退

2000インターハイ
1回戦長崎女子72-62昭和学院(千葉) スタメン出場し16得点の活躍
2回戦長崎女子73-78東京成徳大 スタメン出場しチーム最多の19得点を挙げるものの敗退

高校1年
1999ウィンターカップ
この年は長崎純心女子高校が長崎県代表として出場。全国大会出場ならず。

1999インターハイ
1回戦長崎女子74-57紫野 (京 都) 1年生ながらも9得点を挙げる活躍で勝利に貢献
2回戦長崎女子41-90桜花学園(愛 知) 1年生ながら8得点を挙げるものの、チームは本来の力を発揮できず敗退。
桜花学園には大神雄子選手(2年)らが居た。


Comments are closed.