ローレン·ジャクソン、オリンピック女子バスケットボール通算最多得点記録


オーストラリア・ローレンジャクソン画像

ローレン・ジャクソン。画像はYouTubeから


オーストラリア女子バスケットボールのスターであるローレン·ジャクソン(31)が五輪最多得点記録を更新しました。

ジャクソンは8日開かれた2012年ロンドンオリンピック女子バスケットボール、中国との準々決勝で12得点を上げ、通算536点を記録した。

歴代オリンピック女子バスケットボール史上個人最多得点である。これまでのオリンピック通算最多得点は、ジャネット·アルカイン(ブラジル)が1992年のバルセロナオリンピックから2004年のアテネオリンピックまで4回出場し、記録した535点だった。

ジャクソンは、2000年のシドニーオリンピックから今回の大会までの4回目のオリンピックをオーストラリア代表で出場している。今回の大会ではオーストラリア選手団旗手も務めたジャクソンは、2007年の韓国女子プロバスケットボール三星(サムスン)生命で活躍し、20試合平均30.15得点で圧倒的な技量を誇った。


Tagged with 

Comments are closed.