バスケ観戦に行こう!!




全国各地で行われているバスケットボール大会。
知っている人にとっては当たり前なことでも、観に行ったことが無い人にとっては不安かも。
バスケ観戦の初歩をガイドいたします。
各地にお出かけしてお金を使ってもらえば、地域経済も少しは潤って一石二鳥ってもんです。

部外者でも観戦できるの?

中学の大会だろうが実業団の大会だろうが、誰でも観戦できます。
入場無料の場合は、ブラっと行って観客席に座って観るだけです。受付もなにも必要ありません。

入場料は?

有料の大会と無料の大会がありますが、学生やアマチュアの大会は入場無料のほうが多いです。
大会前には各都道府県バスケットボール協会又は主催連盟等のホームページで大会告知が行われますので、入場料の有無・チケット販売等を調べておいたほうが良いと思います。
特に記載が無い場合は無料だと思って差し支えないと思います。

弁当持ち込み可?

ほとんどの体育館で弁当の持ち込みは可能だと思います。体育館の売店で弁当を販売しているところもあります。
朝・昼・おやつと3食分くらいバックに詰め込んで第1試合~最終試合まで体育館で過ごす強者(ツワモノ)も居ます(笑)
ゴミは持ち帰りましょう。

観客席は土足可?

体育館によって違います。土足不可の体育館もありますのでスリッパ持参で行けば安心です。

どこに座ればいい?

自由席の場合はどこでもお好きなところに。
特定の応援したいチームがある場合は、応援したいチームのベンチ側の観客席。

混む?

大会の規模や人気によってかなり変わります。
立ち見が出るくらい混む大会もあれば、がらーんとしている大会もあります。
一番人気があるのは男子高校生の試合で、地元チームの試合は尚更観客が多い傾向です。
混雑することが予想される大会では早起きして一番乗りしましょう。ただ人気がある大会では試合毎に観客総入替えが行われる場合もあります。

また体育館によっても変わります、高校体育館を会場としている場合は観客席が無い場合が多いので観戦しにくいことがあります。

宿泊は?

体育館近隣のビジネスホテル等はチーム関係者や応援の関係者で埋まっている場合もあります。
宿泊するなら事前に予約をしておきましょう。寝る場所を探してさまようのは時間の無駄です。
若い人はネットカフェで安く済ませたいという場合も多いと思いますので、ネットカフェの場所くらいは事前に調べておきましょう。

主な有料の大会
JBL・JBL2・WJBL・全日本大学選手権(インカレ)・全日本総合選手権(天皇杯・皇后杯)・ウィンターカップ(全国高校選抜優勝大会)
主な無料の大会
国体・インターハイ(全国高校総体)他、各都道府県で行われる学生の大会



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


サイト内地図検索

バスケキャラ画像日本一マニアックなバスケサイトを目指します。
全国のバスケットボールコート・ゴールを検索できます。
登録されているのは現在565ヶ所以上くらい。地味に増やしていきます。
.