日本がロシアを降す U19女子世界選手権


チリで行われているU19女子世界選手権において予選グループB日本対ロシア戦は90-64で日本が勝利した。
これにより日本は予選グループB2勝1敗としグループ2位で2次予選進出を決めた。

桂 葵(早稲田大学 1年)選手が両チーム最多22得点。
本川 紗奈生(シャンソン)が16得点を挙げ、得点ランキング(PPG)5位。
渡邉 亜弥(三菱電機 コアラーズ)が13得点を挙げ得点ランキング(PPG)1位となった。(得点ランキングは日本戦終了時点での順位)
2011女子U19世界選手権


Tagged with 

Comments are closed.