日本、豪州に敗れる U19女子世界選手権


チリで行われているU19女子世界バスケットボール選手権決勝トーナメントで、日本はオーストラリアに83-92で敗れた。
オーストラリアは今大会屈指の大型チームであり、190cm台4人・180cm台が3人でチームの平均身長は185cmもある。
日本の平均身長は173cmで出場国中最も低い。平均身長が12㎝も高いオーストラリアを相手に、日本は3ポイントシュートで対抗するが一歩及ばなかった。
3ポイントシュート
日本37投中15投成功(成功率40.5%)
オーストラリア7投中1投成功(成功率14.3%)
日本は5-8位決定戦にまわる。

他アジア勢では9-12位決定戦で中国が台湾を88-50で破った。
2011女子U19世界選手権


Tagged with 

Comments are closed.