インターハイ バスケットボール競技 金沢総合高校優勝


金沢総合高校 66-63 大阪薫英女学院

全国高校総体バスケットボール競技女子決勝戦が行われ金沢総合高校が優勝した。
神奈川県立金沢総合高校は、富岡高校時代の1998年第51回インターハイ 以来の優勝を果たした。また公立校がインターハイ優勝をしたのもこの時以来。
東金沢高校と統合し金沢総合高校となってからは初優勝。

金沢総合高校星沢純一監督(60)は監督就任35年目にして今年定年を迎える、有終のVを飾った。
アシスタントコーチの清水麻衣さんは同校OGで2004年ウィンターカップ優勝メンバーの一人。

2011インターハイ

金沢総合高校

インターハイ優勝3回

  • 富岡高校 1988インターハイ(昭和63年)・1998インターハイ(平成10年)
  • 金沢総合高校 2011インターハイ(平成23年)

ウィンターカップ優勝1回

  • 金沢総合高校 2004ウィンターカップ

Comments are closed.