JBL2


TOP → JBL2

JBL2 日本バスケットボールリーグ2部機構
JBL2とは日本バスケットボール2部機構のこと。JBLの下位リーグ。
2000年~2006年はトップリーグであるスーパーリーグが創設され、現在のJBL2が日本リーグの位置付けとなった。
リーグ再編により、2013年からNBDLへと変更になった。

歴代の順位については、JBL2歴代順位を参照してください。
JBL2アウォード・表彰 JBL2歴代新人王
JBL2_2012-13リーダーズ
JBL2 2011-12リーダーズ
JBL2 2010-11リーダーズ
JBL2 2009-10リーダーズ
JBL2 2008-09リーダーズ
JBL2 2007-08リーダーズ
JBL2 2012-2013 オールスター

参加チーム

2012シーズン現在12チーム。
日立電線ブルドックス・TGI D-RISE黒田電気ブリットスピリッツ東京海上日動ビッグブルー・石川ブルースパークス・アイシンAWアレイオンズ安城・豊田合成スコーピオンズ・豊田通商ファイティングイーグルス・レノヴァ鹿児島兵庫ストークス・デイトリック茨城・大塚商会アルファーズ

競技方法

大会方式 12チームによる2カンファレンス制
同カンファレンス内4回戦総当り、別カンファレンス内2回戦総当りリーグ戦/全192試合(32試合/チーム)

プレーオフ

レギュラーシーズン上位4チームによるシーズンチャンピオン決定戦、セミファイナル・ファイナル・3位決定戦が行われる。

入替え戦

JBLとの入替え戦は行われていない。

2012-13シーズン

JBL2 2012-13シーズン

12チーム
デイトリック茨城・大塚商会アルファーズが新規加入。(大塚商会は2006-07シーズン以来の加入)
ビッグブルー東京から東京海上日動ビッグブルーにチーム名変更。
このシーズンからカンファレンス制採用。全192試合(32試合/チーム)
リーグ再編によりNBDLとなり、このシーズンがJBL2最終シーズン。

プレーオフ

ファイナル
兵庫ストークス87-80レノヴァ鹿児島

3位決定戦
デイトリックつくば 75-69 TGI・Dライズ

レギュラーシーズン

ウェスタンカンファレンス

1. 兵庫ストークス(27勝5敗) .844
2. レノヴァ鹿児島(26勝6敗) .813
3. 豊田通商ファイティングイーグルス(22勝10敗) .688
4. アイシン・エィ・ダブリュアレイオンズ安城(21勝11敗) .656
5. 豊田合成スコーピオンズ(8勝24敗) .250
6. 石川ブルースパークス(5勝27敗) .156

イースタンカンファレンス

1. TGI・Dライズ(23勝9敗) .719
2. デイトリックつくば(22勝10敗) .688
3. 日立電線ブルドッグス(15勝17敗) .469
4. 大塚商会アルファーズ(13勝19敗) .406
5. 黒田電気ブリットスピリッツ(9勝23敗) .281
6. 東京海上日動ビッグブルー(1勝31敗) .031

2011-12シーズン

JBL2 2011-12シーズン

10チーム
兵庫ストークスが新規参入
日立電線ブルドックス、TGI D-RISE、黒田電気ブリットスピリッツ、ビッグブルー東京、石川ブルースパークス、アイシンAWアレイオンズ安城、豊田合成スコーピオンズ、豊田通商ファイティングイーグルス、レノヴァ鹿児島

プレーオフファイナル

3月25日 豊田通商 82 – 69 アイシンAW

3位決定戦

3月25日 レノヴァ 81 – 90 兵庫

プレーオフ セミファイナル

3/24 アイシンAW 58 – 55 レノヴァ鹿児島
3/24 豊田通商 103 – 85 兵庫ストークス

レギュラーシーズン順位

豊田通商 24勝3敗 .889
アイシンAW 20勝7敗 .741
レノヴァ 18勝9敗 .667
兵庫ストークス 17勝10敗 .630
Dライズ 17勝10敗 .630
日立電線 13勝14敗 .481
石川 11勝16敗 .407
黒田電気 8勝19敗 .296
豊田合成 4勝23敗 .148
ビッグブルー 3勝24敗 .111

2010-11シーズン

9チーム
TGI D-RISEが新規参入
日立電線ブルドックス 、黒田電気ブリットスピリッツ、ビッグブルー東京、石川ブルースパークス、アイシンAWアレイオンズ安城、豊田合成スコーピオンズ、豊田通商ファイティングイーグルス、レノヴァ鹿児島

レギュラーシーズン

1豊田通商22勝0敗1.000
2アイシンAW16勝7敗0.696
3TGI12勝10敗0.545
4レノヴァ鹿児島11勝12敗0.478
5石川ブルースパークス11勝12敗0.478
6日立電線9勝13敗0.409
7豊田合成8勝14敗0.364
8黒田電気8勝15敗0.348
9ビッグブルー東京4勝18敗0.182

2009-10シーズン

8チーム
日立電線ブルドックス 、黒田電気ブリットスピリッツ、ビッグブルー東京、石川ブルースパークス、アイシンAWアレイオンズ安城、豊田合成スコーピオンズ、豊田通商ファイティングイーグルス、レノヴァ鹿児島

1豊田通商21勝0敗1.000
2石川ブルースパークス15勝6敗0.714
3アイシンAW14勝7敗0.667
4日立電線11勝10敗0.524
5黒田電気11勝10敗0.524
6レノヴァ鹿児島6勝15敗0.286
7豊田合成5勝16敗0.238
8ビッグブルー1勝20敗0.048

2008-09シーズン

8チーム
レノヴァ鹿児島が新規参入。
日立電線ブルドックス 、黒田電気ブリットスピリッツ、ビッグブルー東京、石川ブルースパークス、アイシンAWアレイオンズ安城、豊田合成スコーピオンズ、豊田通商ファイティングイーグルス

1豊田通商14勝0敗1.000
2アイシンAW11勝3敗0.786
3豊田合成10勝4敗0.714
4日立電線7勝7敗0.500
5石川7勝7敗0.500
6黒田電気4勝10敗0.286
7レノヴァ鹿児島3勝11敗0.214
8ビッグブルー0勝14敗0.000

2007-08シーズン

JBL2最初のシーズン。ファイナルは栃木ブレックスが優勝、JBLに参入。

1千葉15賞1敗0.938
2豊田通商14勝2敗0.875
3栃木13勝3敗0.813
4石川8勝8敗0.500
5日立電線6勝10敗0.375
6豊田合成5勝11敗0.313
7黒田電気4勝12敗0.250
8アイシンAW4勝12敗0.250
9ビッグブルー3勝13敗0.188

黒田電気とアイシンAWは勝率同率。直接対決1勝1敗。
直接対決のゴールアベレージ
黒田電気1.1769
アイシンAW0.8496

日本リーグ2006-07シーズン

トヨタ合成が新規加入。


Comments are closed.