北海道バスケットボールクラブ


TOP → > 休部・廃部・現存しないバスケットボールチーム >北海道バスケットボールクラブ

北海道バスケットボールクラブは2011年1月に創立されたJBLプロバスケットボールチーム。
JBL2010-11シーズン中にレラカムイ北海道の運営会社がリーグ除名処分となり、JBL直轄企業が運営するチーム。
除名処分に至る経過などはレラカムイ北海道のページを参照。

ジョー・ブライアントHCは資金的な問題から解任され、ACを勤めていた金田詳徳氏がHCに就任。
選手・スタッフは全員がJBL関連企業である新運営会社日本バスケットボールオペレーションズと契約した。(チアチーム及びクイッキーとの再契約は無し)
シーズン後半戦に参加するための救済・暫定措置であり、新たなチーム引き受け先が見つかるのかそれともチームが消滅するのか注目された。

運営会社として一般社団法人を設立し、レバンガ北海道となった。

2011年オフシーズン

3月 新たな受入れ先が2社に絞られたことが報道される。
ただ受入れ先候補の企業も東日本大震災の影響を受け、今後の行方は不透明だという。

4月 JBL2011年移籍選手リスト編集に八幡幸助、クリスチャン・マラカー、ジャイ・ルイスの三選手が記載される。

5月7日 日本バスケットボールリーグ(JBL)が譲渡先を探していた北海道バスケットボールクラブについて、チーム主将の折茂武彦(40)が来季からの受け皿となる運営会社を自ら設立し、社長も務めることが5月7日分かった。関係者によるとJBLは大筋で了承し、支援する方針という。

5月10日 北海道バスケットボールクラブの折茂武彦選手が記者会見を行ない、来季からチームの運営母体となる新会社を自ら設立、リーグに加盟申請したと発表した。折茂選手は現役を続けながら社長を務める。
6月9日のJBL理事会・総会での加盟承認に向け、財政基盤の強化や経営スタッフ確保を急ぐ。会見に同席したJBLの吉田長寿専務理事(JBO社長)は「北海道にチームを残すべく、リーグとしても全面的に協力していく」と述べた。

5月18日 JBL移籍選手リストに全選手が記載された。

6月 山田 大治がリンク栃木ブレックス、柏倉 秀徳が日立サンロッカーズへの移籍が決定する。

6月9日 チームは今後設立される一般社団法人が運営母体となることで、来季のリーグ参入が認められた。当初、チームの受け皿として折茂が社長として設立した株式会社は、新法人の主要構成団体になる。
社団法人による運営方法は、資金集めに苦しんだ末の窮余の一策だった。
会見ではチーム名を公募することも発表された。

6月23日 北海道バスケットボールクラブの後継チームを運営する一般社団法人の設立委員会が22日、発足し、札幌市内で第1回会合を開いた。7人の委員で構成され、法人の名称を「北海道スポーツクラブ」と決めた。

委員は道体協の白髭俊穂専務理事や道バスケットボール協会の森野和泰理事長、チームの前主将で新法人運営の中心となる予定の会社を経営する折茂武彦社長ら。スキージャンプの船木和喜ら4人がアドバイザーを務める。新法人はバスケットを柱に他の種目の普及なども目指すため、名称に「スポーツ」を採用した。

7月5日北海道総合スポーツクラブに社名変更
社団法人の名称を、「北海道スポーツクラブ」から「北海道総合スポーツクラブ」に変更することを決めた。同名のNPO法人が存在していることが分かり、混乱を避けるための処置。

7月7日
JBL 北海道の運営法人理事長に折茂主将が就任
「北海道バスケットボールクラブ」の運営を引き継ぐ社団法人の設立記念集会が7日、札幌市内であり、会員約50人が参加した。理事長に折茂武彦主将(41)が就任することが発表された。

法人の名称は「北海道総合スポーツクラブ」。理事には道バスケットボール協会の森野和泰理事長、JBL理事で元日本代表の佐古賢一氏が就いた。同日付で仮契約した野口大介、伊藤将伸、阿部友和の3選手が紹介された。

8月8日
新チームの名称がレバンガ北海道に決定したことが発表された。

2010-11シーズン後半戦

チームの存続さえ危ぶまれたが、リーグ後半戦に出場。
1月22日の後半戦第1戦は月寒ドームで東芝と対戦したが黒星スタートとなった。
ユニフォームは、前運営会社のスポンサー名の入っていない淡色のユニフォームを着用し、前チームロゴも覆い隠しての出場だった。
チーム支援策の一つとして、シーズン最後の2試合パナソニック戦はアウェーで大阪開催の予定であったが、北海道でのホーム開催に変更された。

3月 東北東日本大震災の影響でJBLはシーズン途中で打ち切り。
3月6日までの成績でシーズン順位を決定することになり、北海道バスケットボールクラブの最下位が決定した。

所属選手

NO.選手名
1野口 大介
4勝又 穣次
7阿部 友和
8山田 大治
9折茂 武彦
10伊藤 将伸
11桜井 良太
12柏倉 秀徳
13クリスチャン・マラカー
17八幡 幸助
33比留木 謙司
40クリス・エアー
55ジャイ・ルイス

2010-11シーズン勝敗

前半戦6勝16敗 前半戦終了時点最下位

前半戦 レラカムイ北海道
勝○負● GAME 日程 対戦チーム 会場 スコア
● 1 2010.09.19(日) トヨタ自動車アルバルク アクセスサッポロ 57-82
● 2 2010.09.20(月) トヨタ自動車アルバルク アクセスサッポロ 58-79
● 3 2010.09.24(金) アイシンシーホース ウィングアリーナ刈谷(愛知県) 86-93
● 4 2010.09.25(土) アイシンシーホース ウィングアリーナ刈谷(愛知県) 66-95
○ 5 2010.10.02(土) 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ パークアリーナ小牧(愛知県) 83-79
○ 6 2010.10..03(日) 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ パークアリーナ小牧(愛知県) 90-83
● 7 2010.10.09(土) 日立サンロッカーズ 旭川市総合体育館 68-79
● 8 2010.10.10(日) 日立サンロッカーズ 旭川市総合体育館 79-92
● 9 2010.10.15(金) 東芝ブレイブサンダース どろきアリーナ(神奈川県) 67-88
○ 10 2010.10.16(土) 東芝ブレイブサンダース 海老名運動公園総合体育館 74-59
○ 11 2010.10.23(土) リンク栃木ブレックス 北翔クロテック月寒ドーム 86-72
● 12 2010.10.24(日) リンク栃木ブレックス 北翔クロテック月寒ドーム 78-115
● 13 2010.10.30(土) パナソニックトライアンズ 湿原の風アリーナ釧路 78-92
● 14 2010.10.31(日) パナソニックトライアンズ 湿原の風アリーナ釧路 75-87
● 15 2010.11.05(金) トヨタ自動車アルバルク 墨田区総合体育館(東京都) 63-75
● 16 2010.11.06(土) トヨタ自動車アルバルク 墨田区総合体育館(東京都) 70-83
● 17 2010.12.04(土) アイシンシーホース 苫小牧市総合体育館 80-90
● 18 2010.12.05(日) アイシンシーホース 苫小牧市総合体育館 71-87
○ 19 2010.12.11(土) 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ 千歳市スポーツセンター 91-84
● 20 2010.12.12(日) 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ 千歳市スポーツセンター 80-89
● 21 2010.12.18(土) 日立サンロッカーズ 国立代々木競技場第二体育館 62-82
○ 22 2010.12.19(日) 日立サンロッカーズ 国立代々木競技場第二体育館 78-74
後半戦 北海道バスケットボールクラブ
● 23 2011.01.22(土) 東芝ブレイブサンダース 北翔クロテック月寒ドーム 73-89
○ 24 2011.01.23(日) 東芝ブレイブサンダース 北翔クロテック月寒ドーム 83-73
○ 25 2011.01.29(土) リンク栃木ブレックス あづま総合体育館(福島県) 89-86
● 26 2011.01.30(日) リンク栃木ブレックス あづま総合体育館(福島県) 69-80
● 27 2011.02.05(土) パナソニックトライアンズ 金岡公園体育館(大阪府) 90-102
● 28 2011.02.06(日) パナソニックトライアンズ 八尾市立総合体育館(大阪府) 70-75
● 29 2011.02.12(土) トヨタ自動車アルバルク 北翔クロテック月寒ドーム 64-72
● 30 2011.02.13(日) トヨタ自動車アルバルク 北翔クロテック月寒ドーム 74-84
● 31 2011.02.19(土) アイシンシーホース 横手市増田体育館(秋田県) 62-84
● 32 2011.02.20(日) アイシンシーホース 秋田県立体育館(秋田県) 98-99
○ 33 2011.02.26(土) 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ 愛知県体育館 89-61
● 34 2011.02.27(日) 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ 愛知県体育館 68-86
○ 35 2011.03.04(金) 日立サンロッカーズ アクセスサッポロ 76-66
● 36 2011.03.05(土) 日立サンロッカーズ アクセスサッポロ 65-88
東日本大震災の影響によりリーグ戦打ち切り
37 2011.03.11(金) 東芝ブレイブサンダース とどろきアリーナ(神奈川県) –
38 2011.03.12(土) 東芝ブレイブサンダース 平塚総合体育館(神奈川県) –
39 2011.03.19(土) リンク栃木ブレックス 北翔クロテック月寒ドーム –
40 2011.03.20(日) リンク栃木ブレックス 北翔クロテック月寒ドーム –
41 2011.03.26(土) パナソニックトライアンズ パナソニックアリーナ(大阪府) –
42 2011.03.27(日) パナソニックトライアンズ パナソニックアリーナ(大阪府) –


Comments are closed.